早期発見・早期治療が大切です

歯が痛い、冷たいものがしみるなどの症状がある場合は、虫歯のおそれがあります。虫歯はごく初期のものをのぞき、自然治癒が期待できない病気。治療をせずに放置してしまうと、どんどん悪化して取り返しがつかなくなってしまいます。虫歯治療は早期発見・早期治療が大切です。

虫歯の4つの原因

虫歯になってしまう主な原因は以下の4つ。

1.虫歯菌(ミュータンス菌) 2.歯の性質

虫歯菌(ミュータンス菌)

虫歯の原因菌であるミュータンス菌。細菌の数は人により異なりますが、プラークに棲み着くので毎食後にしっかり歯をみがくことで予防になります。

歯の性質

虫歯に強い歯とそうでない歯があり、人により虫歯のなりやすさが異なります。虫歯になりやすい人は、より丁寧な虫歯対策が必要です。

3.糖分 4.生活習慣

糖分

ミュータンス菌は糖分を栄養にして酸をつくって歯を溶かします。糖分を摂りすぎると虫歯になりやすくなるので、日頃から注意しましょう。

生活習慣

睡眠時間が少ない、不規則な生活リズム、乱れた食習慣、不十分なブラッシングなど、生活習慣の乱れは虫歯の原因の1つです。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0 【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
C1 【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、
インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3 【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン
(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4 【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まるとふたたび痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、インプラントや入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。

根管治療~歯を守る大切な治療~

神経まで進行してしまった虫歯に行うのが根管治療です。歯の神経や血管が通っている根管の治療のことで、虫歯菌に冒された根管内の神経を取り除いて洗浄・消毒し、ふたたび虫歯菌が入らないよう薬剤を詰めます。そのあと歯の土台を入れ、被せ物をして治療完了です。根管治療を行うことで一定以上進行した虫歯でも抜歯を避けることができる(※)、とても大切な治療です。
※C4の虫歯など、重度の虫歯の場合は抜歯となることがあります

歯根の露出

神経の除去

根管内の洗浄

薬剤を充填

根管内の無菌化

被せ物の装着

  • ページの先頭へ戻る

最悪の場合は抜歯に至るおそろしい病気、歯周病

もし1つでもあてはまるものがあれば、要注意。もしかしたら歯周病にかかっているかもしれません。歯周病は歯ぐきやあごの骨といった歯周組織にダメージを与える病気で、治療をせずに放置してしまうと抜歯となることもあるおそろしい病気。おかしいなと気づいたらすぐに歯科医院にご相談ください。早期発見・早期治療が大切です。

歯周病の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
歯肉炎
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。歯磨きの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

歯磨き指導(TBI)
正しい歯磨き方法をマスターすることで、歯周病の治療や予防につながります。

スケーリング・ルートプレーニング
スケーラーという器具を使って歯周ポケットからプラークや歯石を除去します。さらに、削った部分をなめらかに仕上げることで、汚れが付着するのを防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
局所麻酔を行って歯石や膿を歯ぐきとともに除去します。

フラップ手術
歯ぐきを切開して、露出した歯根に付着したプラークや歯石を除去します。

GTR法(再生療法)
溶かされたあごの骨と歯ぐきを再生させる再生療法の一種です。歯ぐきを切開してプラークを除去したあとに歯ぐきの上皮の下に人工膜を入れ、歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン法(再生療法)
GTR法と同様に、溶かされたあごの骨と歯ぐきを再生させる再生療法の一種です。エムドゲイン法では、欠損部分に薬剤を入れ、歯周組織の再生を誘導します。

軽度歯周炎
軽度歯周炎
あごの骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
あごの骨が半分くらい溶かされた状態で、歯を指で押すとグラつくようになります。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
重度歯周炎
あごの骨の3分の2以上が溶かされた状態で、歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が見えてきて、歯と歯ぐきの境目からは膿が出て、口臭がよりきつくなります。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、8mm程度と非常に深くなります。

全身の健康状態にも悪影響が!

「どうせ歯周病は口の病気だから」と甘く考えていませんか? 確かに歯周病は口の病気ですが、その影響は口だけに留まらず、全身にも及んでしまうことがあるんです。最近の研究では歯周病菌が血液を介して全身をめぐることで、心筋梗塞・狭心症、糖尿病、肺炎、骨粗しょう症、脳卒中や慢性呼吸疾患など、おそろしい病気を引き起こしてしまうこともあるということが分かっています。「口の病気」と甘く考えず、全身の健康のためにも早期発見・早期治療に努めてください。

  • ページの先頭へ戻る

取手デンタルクリニック

住所
茨城県取手市東4-5
ミスターマックス取手店内
 
電話番号
0297-846-418
 

診療時間

医院からのお知らせ