きれいな歯並びを手に入れる矯正歯科

歯並びが気になる方は、矯正歯科の受診を考えてみませんか? 矯正歯科を受けることで、歯並びがきれいに整いますよ。また、歯並びがきれいに整うことでブラッシングもしやすくなり、虫歯や歯周病の対策にも効果的です。当院ではお子さんの矯正はもちろん大人の矯正も行っていますので、どなた様もお気軽にご相談ください。

歯並びが乱れてしまう4つの原因

1.遺伝 2.虫歯や歯周病

遺伝

ご両親の歯並びが乱れていると、遺伝によりお子さんの歯並びが乱れてしまうことがあります。

虫歯や歯周病

虫歯や歯周病でどちらかの側でしか噛まなくなったり、抜歯をしたりしてしまうと、歯並びが乱れてしまうことがあります。

3.生活習慣 4.悪癖

生活習慣

やわからい食事ばかりだと咀嚼回数がへり、あごの適切な成長が促せず、歯がきれいに並びきるスペースを確保できない場合があります。

悪癖

口呼吸やほおづえ、爪を噛むなどの悪癖は歯並びを乱してしまう原因。注意して止めるようにしましょう。

噛み合わせの乱れによる悪影響

噛み合わせが乱れていると見た目はもちろん、健康などにも悪影響を及ぼします。

顎関節症

顎関節症

口を開けるとカチカチという音がなる、痛くて口を大きく開けられないといった症状を持つ顎関節症が引き起こされることもあります。顎関節症は食事がしづらくなったり、痛みが出たりなど、日常生活にも影響が出てきます。「もしかして……」と思われる方は、お気軽にご相談ください。1人で悩んでいても、何もはじまりません。一緒に治療計画を立てて、一緒に頑張っていきましょう。

頭痛・肩こり

頭痛・肩こり

噛み合わせの乱れが筋肉の緊張を引き起こし、それが原因で頭痛や肩こりなどの慢性症状に発展することもあります。ずっと治らなかった頭痛や肩こりの原因、もしかしたら噛み合わせの乱れかもしれませんよ。気になる方はお気軽にご相談ください。

メンタル面への悪影響

メンタル面への悪影響

歯並びの乱れがコンプレックスになり、メンタル面に悪影響が出てしまうこともあります。実際に、歯並びの乱れが原因で人と会話をするときにストレスを覚えてしまう方も少なくありません。

不正咬合(乱れた歯並び)の種類

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる出っ歯で、日本人に多い不正咬合です。上の歯が前に出ている、あるいは上顎が前に出ているケースもあります。
下顎前突
(かがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
いわゆる受け口。下の歯が前に出ている、あるいは下顎が前に出ているケースもあります。
叢生
(そうせい)
叢生(そうせい)
歯が重なり合って生えている状態です。歯ブラシが隅々まで行き届きにくく、虫歯や歯周病になりやすい歯並びでもあります。
開咬
(かいこう)
開咬(かいこう)
前歯が噛み合わない歯並びです。麺類などが噛み切れない方も少なくありません。また、正しい発音がしづらい歯並びでもあります。
交叉咬合
(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)
一部の歯が前後で逆になって噛み合わさる歯並びです。この交叉咬合が原因で、顔面が非対称になってしまうことも。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)
噛み合わせが深すぎる状態です。噛み合わせると上の歯が下の歯をすっぽり覆ってしまいます。噛み合わせが深いため、歯がすりへりやすい傾向にあります。

当院の取扱装置

メタルブラケット

メタルブラケット

歯の表側に装着する一般的な矯正装置で、多くの症例に適用可能です。安価ですが治療効果に優れています。ワイヤーが見えても気にならない方、できるだけ費用を抑えたい方におすすめです。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

歯の色に近い半透明のセラミックブラケットを使った装置です。メタルブラケットに比べて高価ですが目立ちにくく、金属アレルギーの方でも安心です。装置の見た目が気になるという方にもおすすめです。

  • ページの先頭へ戻る

取手デンタルクリニック

住所
茨城県取手市東4-5
ミスターマックス取手店内
 
電話番号
0297-846-418
 

診療時間

医院からのお知らせ